土壌汚染調査のコストを下げる方法|平和に暮らすために

災害から身を守る

メンズ

大切なこと

家を建てる前に、とても大切なことがあります。それは、地盤調査です。どんなに耐震性の高い頑丈な家を建てたとしても、地盤が悪ければ地盤沈下によって家が傾いてしまったり、地震で倒壊してしまう危険があるからです。それらを防ぐために地盤調査を行い、必要な地盤強度があるかを確認します。地盤が弱かった場合には、地盤改良工事や、地盤強度に適した基礎工事とすることで頑丈な家を建築することが出来ます。家を建ててからでは地盤改良工事や家の基礎工事をやり直すことが出来ませんから、建築前に行わなければなりません。建築会社では、建築工事の一環として行ってくれ、その結果を建築工事に反映してくれますから安心です。

一般住宅の地盤調査方法

ビルなどの大規模な建築物を建設する際には、ボーリングによって孔をあけ地盤試料を採取する方法が行われますが大規模となり高額の費用が必要となります。一般の住宅の場合にはサウンディング法による地盤調査が行われます。これは、換算値を簡易に導き出す手法で、ロッド、スクリュー、錘で構成される試験装置を用いて簡易に土の硬軟や締まり具合を判定するものです。この地盤調査結果で、くい打ちや地盤改良工事、軟弱地盤対応基礎などの対応が必要かを判断することが出来ますので、必要な工事を施すことで地震や地盤沈下に耐える強度を持つ家を建築することが出来るようになります。また、液状化現象が心配される土地では、上水道やガスなどの配管にフレキシブル性能を持つ材料を用いて液状化対策も実施することが必要です。