土壌汚染調査のコストを下げる方法|平和に暮らすために

強化するべき

重機

必要な理由

高度成長期、日本全国に大量の住宅が建築されました。旺盛な需要に応えるため宅地開発が行われ、郊外型の集合住宅や団地が積極的に建築されました。一般的に、昔、湖沼地や河川周辺を埋め立てられた箇所は地盤が軟らかいといわれています。また、地域によっては、地盤の特性があり建物を支える強度が十分かどうかをよく確かめる必要があります。軟弱な地盤の上に建物を建てると、地盤沈下による建物の傾きなどが生じます。現在は、法律によって施行者が一定期間保証する必要があります。したがって、最近は、ほとんどの箇所で建築前に地盤調査を行うことが一般化しています。地盤調査を行うことで、その土地に建物を建てても問題が生じないかを確認するのです。

調査の方法にはいくつかの種類があります

土地の地盤調査を行う方法は何種類かあります。対象の建物が木造住宅か、RC住宅か、それとも鉄筋コンクリートの大型建築物か、などによっても異なります。一般的に、木造住宅を建てるための地盤調査は、スウェーデン式サウンディング調査という比較的簡便な方法で行います。費用も安く、調査時間も短いので、多くの現場でこの方法が採用されています。このほかにも、表面波探査法、ボーリング調査という方法も用いられています。ボーリング調査は、最も正確で基本的な地盤調査方法です。サンプルも採取できることから、その精度も高いのですが、コストと時間がかかります。今後、高齢化が進み、多くの住宅の建て替えが進むことが予想されます。更地にした状態での地盤調査の需要が増加していくでしょう。