土壌汚染調査のコストを下げる方法|平和に暮らすために

ポイントになる

ヘルメットを持つ人

地盤の強度は目視で判断することは不可能ですので、必ず専門業者に依頼しましょう。また、強度をより高めるには費用がかかるので、プロと相談をしっかりしておくことがポイントになるのです。

Read More..

災害から身を守る

メンズ

家を建てようと考えているのであれば、地盤調査をするといいでしょう。そうすることで、地盤沈下や災害による倒壊を未然に防ぐことができ、穏やかに暮らすことが可能になるのです。

Read More..

平和に暮らす方法

男性作業員

地盤の状況で変わる工法

中小規模の建築物を建てる際、地盤調査を行った結果、土地が軟弱であった場合には、状況に応じて地盤改良を行う必要があります。改良の工法には様々なものがありますが、地盤を強固にする必要がある一方で、できるだけ土地に負荷のかからない工法を採用する必要があります。軟弱地盤が2m程度の場合には、表層土にセメントを混ぜるなどの表層改良で済みますが、それ以上の軟弱地盤の場合には、コンクリート柱や鋼管杭を打ち込む必要があります。一般的には、8mくらいまでの軟弱地盤であればコンクリート柱、それ以上の場合には鋼管杭で地盤改良を行います。当然、軟弱地盤が深いほど、費用もかかることになりますので、地盤改良には工夫が必要です。

撤去費用まで考えた工法

地盤改良は土地に対して負荷をかけることになりますから、改良を施したままでは自然の状態とは言えません。もしも、地盤改良を行った土地を他の人に売却する場合には、自然の状態に戻す必要があります。地盤改良工事の中でも、土中にコンクリート柱を埋め込む柱状改良工法は撤去が非常に困難です。もちろん、コンクリートすべてが産業廃棄物になりますし、撤去工事だけでも数百万円かかることもあります。そのため、初期投資額は多少割高になっても鋼管杭工法を選ぶ人もいます。鋼管杭を埋め込んでいく工法であれば、コンクリート柱のように、土中での完成度がわからないということもありませんし、撤去する際も、コンクリート柱に比べると容易にできます。

コストを抑える

土壌汚染調査を検討しているのであれば、専門業者に依頼するといいでしょう。また、見積りを無料で行なっているところもあるので、そういったコンテンツを利用してみるといいかもしれません。他にも、1社で決めるのではなく、幾つかの土壌汚染調査を実施している業者のパンフレットなどを集めてベストなものを決めるといいでしょう。業者によって費用などが変わってくるので、各自で調べておくとコストを抑えることが可能になるのです。

強化するべき

重機

地盤が軟弱なところは主に、埋立地が多いとされており、地盤調査をして強化する必要があるのです。そして、問題が無いと判断されたら初めてそこに家や施設を建てることができるようになるでしょう。

Read More..